トイレ交換の基礎知識

毎日何度も使うトイレの寿命は、10年程度と言われています。


便器は陶器なので、丈夫で10年程度で壊れることは少なく、手入れをしていると10年たってもきれいなことも多いのですが、タンクや排水、ウォシュレットや暖房便座などは、10年経つころから故障や不具合などが出てきやすくなり、修理をしてもまた他の部分に故障や不具合が出るということが多いようです。

本当に役に立つトイレ交換に関するサポートサイトはここです。

最近は、節水型で水道代を節約することができるトイレが出ており、トイレの修理をしてお金をかけるよりも、トイレ交換をする方がお得になる傾向があります。最新の節水型トイレにトイレ交換すると、水の使用量が半分以下になることは普通で、中には3分の1や4分の1になるものもあるので、節水効果が高いことが特徴です。


また、最近は、お手入れが楽な自動洗浄機能が付いていたり、汚れが付きにくかったりとお手入れが楽なトイレが多くなってきているので、節水効果に加えて機能性の高いトイレを選ぶことができ、費用対効果が高いことが特徴です。

失敗しないトイレ交換のポイント|トイレリフォーム【サンリフレプラザ】

トイレ交換をする場合に、トイレのリフォームをする人が多く、きれいで快適なトイレにリフォームして居心地の良い空間づくりをする方が増えてきています。



トイレは面積が狭く、壁紙を張り替えても比較的手ごろなことが多いため、気軽に模様替えができると好評です。トイレの壁紙は、思い切った色や模様の物を選んで、他の部屋とは違う雰囲気の空間として楽しむとおしゃれです。